【効率化とアウトソーシング】すべてをアウトソージングすると人が育たなくなった

【効率化とアウトソーシング】すべてをアウトソージングすると …

  • 東京代表厳選税理士
  • 税理士の見直ししませんか?
  • 経営改善 売上アップ コスト削減

私にも経験があります。会社に入社したての頃、グラフ作りとセミナーパンフレットの封入作業という仕事が山ほどありました。その当時、外へ仕事を出すという発想もなく、新人の仕事として当たり前のようにありました。

封入作業の場合、何千通、何万通になることもありました。朝から晩まで封入をして宛名シールを貼り、郵便料金計器に通す。本当に単純作業なのですが、皆工夫をして少しでも早くできる方法考え出します。そうすると、他の人もそれを真似し出します。

結局、外へ出すよりも早くできるということに気が付きました。また、宛名などを再チェックする良い機会にもなります。

グラフ作りもマーカーで色を塗るだけでなく、グラフから傾向を読み取れるようになってきます。それがその会社の伝統だったようです。外へ行く前に、クライアント先のデータ分析から傾向を読み取ったり、自分で考えて工夫する癖付けが大事だと言うことだと思います。

ところが最近では、社員がしなくてもいいような仕事は外へ出しなさいというところがあるらしいです。大手企業にこの傾向が強いそうです。

そうするといきなり前線基地で仕事をさせされるようなものです。何の訓練もされていない人が稼いでこないといけません。

無駄を省くのと意味のある雑用は違うような気がします。コストの問題でもなく、社会人として通過しなければならない課題が社内にあるはずです。それを効率化と称して省いてしまうと、素養を育てることができなくなってしまいます。

アウトソージングする前に、自分たちで一度やってみることが大切なような気がします。あるいは、もう一度、どちらが良いのか深く考えてみる必要があると思います。

効率化の弊害は、企業内部で徐々に起こってきているようです。すべてを省くと会社の業績は上向くでしょうか?

雑用をしたことがない社員を作ってしまうと、後戻りできなくなります。そのような大切な仕事を残されても良いのではないでしょうか?

効率化が進み過ぎると、社員が育たなくなるような気がします。

中小企業を元気にする:株式会社武内コンサルティングへのお問合せ・ご相談

「今、こういう状態なんだけど、どうすればいいかな?」「こういうことで悩んでいるんだけど、助けて欲しい」など、弊社へのご相談や「この商品はどういう内容なの?」「これについて聞きたいんだけど」など弊社や、弊社の商品サービスについてのお問合せがございましたらお気軽に、ご連絡いただけますようお願いいたし …

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:経営
  • 株式会社 武内コンサルティング
  • 大阪府東大阪市長栄寺11-5-804

大学を卒業後、経営コンサルタントで知られる船井総合研究所で 17年間お世話になり、平成19年10月1日より独立・開業いたしました。 事業内容・行動内容は、中小企業様・個人店様対象の現場密着型の コテコテ経営コンサルタントです。 独立 …

比較ビズで見積もりしませんか

組織・人材マネジメント

労務管理の、カンどころ

数年前の経済誌での中間管理職の特集記事に対して、以下の様な1読者からの投書がありました。「昔、接客業の店長と …

改正労働契約法が平成25年4月に施行!

3つの改正点1.有期労働契約者の「雇止め法理(判例法理)」の法定化 最高裁判例で確立した雇止め法理が明文化され …

髭講師の研修日誌 ?

髭講師の研修日誌     創業90年企業2社研修いたしました。大正12年創業以後幾多の厳しい環境を …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

人事・労務問題、トラブル

“「みなし残業代」を導入する本当の …

「みなし残業代」を導入している企業様も増えてきましたが、本当の意味で「みなし残業代」と「労務対策」をリンクさせ …

従業員の自転車利用に対する会社の責 …

従業員が通勤や業務に自転車を使用する際の留意点   ◇自転車運転取締の強化 昨年はピストバイクによる歩行者へ …

残業代金の未払い!企業のリストラに …

中小企業には、リスクが一杯?新聞紙上においては、大企業の実力給与制度や成果主義制度などの導入の記事が、多く取 …

先日「 思うほど、思われずとも、思 …

最近の研修で指導力強化の類が目立ちます。それだけ人少なく、すること多く、さらなる新たな強みづくりを競い合う時の …

比較ビズで一括見積もりしませんか?

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP