人事管理の本質とは

人事管理とは人に関する問題を事前に防ぎ、育成を促進すること

人事管理の本質とは

「人事管理」とは一体どのようなものなのでしょうか。
一言で言うと人事管理とは、人(社員)に関する様々な事柄を会社の成長発展に
向けて管理することです。
  
それでは、「管理」とは一体何なのでしょうか。
健康管理、安全管理、資産管理、業績管理、品質管理・・・などなど、管理といっ
た言葉には制御や監視といったイメージがありますが、その本質は全く違います。
  
管理とは、先々で発生するであろう様々な障害やトラブルを事前に取り除く活動
です。
  
経営者あるいは管理者として、日々発生する諸問題を適切なアドバイスやサポート
で解決することはとても重要です。
しかし、それ以上に重要なことは、あるべき姿と現状のギャップを極力的確に捉え
て、そのギャップが解消しない場合の先々の影響をイメージし、先手先手で手を打
つことなのです。これこそが、管理の本質なのです。
  
これは、戦略的で高度な業務であろうが、担当レベルで実施している業務であろう
が、全く同じです。
  
例えば・・・
  
営業マンが受注に失敗しますと上司は叱責や指導を行いますが、これは今後の
受注をより確実なものにするために行うものです。
  
何故、失注したのか?、例えば、相手のニーズは正しく把握したのか、提案は相手
のニースに合致していたのか、相手の質問や懸念にきちんと対応し納得頂いたのか、
関連部門やキーパーソンへの根回しは十分だったのか・・・などなどをきちんと確
認し、問題点を整理し、今後の営業活動の改善に取り組む必要があります。
  
すなわち、これらは全て、今後の営業活動における障害やトラブルを事前に無くす
ための活動なのです。
  
ただ単に、感情的に問い詰めたり、精神論に終始しても、あまり効果的ではありま
せん。普段行っている部下への叱責・指導・アドバイスも「事前の障害除去活動」
と捉えるか捉えないかで、その効果は雲泥の差となって現れます。
  
また例えば・・・
  
「当社の社員の仕事ぶりに特に問題はない。ルーチン業務はそつなくこなすが、
それ以上のことはやらない。自らが考えて主体的に業務を作り出すといったことは、
苦手である。しかし、今のところ、これらが会社の売上・利益に影響することは
ほとんどなく、業績も順調である」
  
順調な業績は未来永劫続くことはあり得ません。先々のリスクを常に考えて、
業務・制度や仕組み・人材・風土などの改善改革を行うことが重要です。
  
ですから、管理の本質的な価値とは「事前の障害除去活動」にこそあるのです。
  
管理の本質をこのように捉えますと、人事管理の本質は、「会社の成長発展を阻害
する人(社員)に関する様々な障害やトラブルを事前に除去する活動」
と言えます。
  
これらを踏まえて、人事管理の役割を整理しますと、次の4項目に集約されます。
  
===================================== 
 ◆会社経営において必要とされる人材を効率よく確保すること。
 ◆人材の能力が最大限に発揮されるように人材を適切に配置すること。
 ◆必要な教育・訓練を施すことによって、効果的に人材の能力向上を図ること。
 ◆適切な処遇によって、人材の活性化を図ること。

=====================================
  
すなわち、人事管理の役割は人材を採用し、配置し、そして教育をして、やる気を
起こさせるような処遇を行うことにあります。
  
そして、これらの役割を正しく機能させることにより、人材育成・業績向上・企業
体質強化、好ましい企業風土の醸成などといった、付加価値の継続的な獲得の基盤
を作ることにあります。
この4項目を会社の戦略的意味合いと連動させて「人事管理業務」を整理すること
が大切です。
  
 【人事評価制度策定ノウハウ習得講座・半日体験セミナー】のご案内
  →→→ ここをクリック下さい
  
 【人材育成・業績向上の仕組みを組み込んだ人事評価制度セミナー】のご案内」
  →→→ ここをクリック下さい
  
─── 

ビジネスコラム提供者情報

  • コンサルタント:人事・組織
  • サントウ経営事務所
  • 千葉県柏市亀甲台町1−19−9

【代表者プロフィール】 ◆山藤茂。経営コンサルタント。中小企業診断士。 ◆「人事制度と儲かる仕組み」実践会・「タイムマネジメント」研究会を主宰。 ◆?日立製作所(人事勤労部門)に14年在籍しH3年に独立。 ◆近年は、「人材育成と儲か …

比較ビズに掲載しませんか

リーダー・管理職育成

採用から教育へのシフトチェンジ

  「採用から教育へのシフトチェンジ」   「良い人材を採用するにはどうしたら良いのだろうか?」と考え …

残業代金の未払い!企業のリストラに …

中小企業には、リスクが一杯?新聞紙上においては、大企業の実力給与制度や成果主義制度などの導入の記事が、多く取 …

社員の意欲を高める!とっておきの方法

コウモリの眼で意欲喚起の切り口を診る物事を診ていくとき四つの眼があります。一つは鳥の眼(大局的全体を診る)、二 …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

組織・人材マネジメント

労務管理の、カンどころ

数年前の経済誌での中間管理職の特集記事に対して、以下の様な1読者からの投書がありました。「昔、接客業の店長と …

改正労働契約法が平成25年4月に施行!

3つの改正点1.有期労働契約者の「雇止め法理(判例法理)」の法定化 最高裁判例で確立した雇止め法理が明文化され …

髭講師の研修日誌 ?

髭講師の研修日誌     創業90年企業2社研修いたしました。大正12年創業以後幾多の厳しい環境を …

講師紹介と略歴

【講師紹介】 石川洋(いしかわひろし) 日本人材マネジメント協会JSHRM執行役員 アジア生産性機 …

会員メニュー

おすすめコンテンツ

経営マガジンへの掲載

▲ページTOP