HOME > 検索結果

人事・労務問題、トラブルの新着コラム一覧 (1〜16件)16件

  • 1

“おおらかさ”が離職率低下へ! 定着率95%を誇る経営者が語る …

昨今では長時間労働や休日出勤といったいわゆる“激務”が社員の身体に大きな影響を及ぼすとされ、働き方が見直されつつあります。高い離職率もまた、企業の社内環境と強く結びつけられるようになりました。 こうした課題に対し、各企業個別の取 …

ストレスチェック実施のポイント確認

ストレスチェック実施のポイント確認 平成27年12月から、常時50人以上の労働者を使用する事業場に対して、ストレスチェック制度が義務化されますが、厚生労働省では、制度が適正に運用されるように}&A形式で解説しています。そ …

15/12/18 経営労務診断サービス

ドラフト労務管理事務所では『経営労務診断サービス』を行っております。   このサービスは社会保険労務士が企業の経営状況労務について診断を行い、その結果を信頼できる 情報として、サイバー法人台帳ROBINSに公開するとい …

恵愛サムライコンシェルジュ(KISC)

私達なら困難な問題も解決できる。 経営者様のお悩みは数多くあります。たとえば経営全般資金繰り法務労務問題等困った時、すぐに相談に乗ってくれる軍師が欲しい。 KISCでは、高度な専門知識と豊富な情報、蓄積されたノウハウを生かして、経営者様の …

人事評価表付の再雇用契約書を作る

「あれで給与もらって偉そうな顔をされたら、こっちはやってられないよ!」嘱託者に対して、若手社員からクレームが出てしまいました。法律改正により、希望者に対しては65歳まで再雇用か雇用延長が会社の義務になりました。ある会社ではゞ0歳になっ …

【若手社員を成長させる秘訣】接客サービスや営業が大事な理由

例えば、飲食店の場合など、調理場希望で入って来た人でも最低1ヶ月は接客サービスから配属される会社があります。店のことをまず知っていただきたいのと、お客様と話ができる人になって欲しいからです。 調理場に入り込んでしまうと、自分の仕事しか …

残業代金の未払い!企業のリストラによる解雇!トラブルだらけ …

中小企業には、リスクが一杯?新聞紙上においては、大企業の実力給与制度や成果主義制度などの導入の記事が、多く取り上げられています。しかし、実際には中小企業の「人」や「人件費」に対する経営のウエイトは、非常に大きなものであり、社長の悩みは尽き …

休職と有給休暇の関係

今回は「休職と有給休暇の関係」についてかいせつします。メンタルヘルスの問題から休職となる人が増えています。このような状況の中で休職を発令したら有給休暇の申請がなされた「休職の前に有給休暇を消化させてほしいとい」と言ってきた。など休職と有 …

データ処理機能付き多機能携帯とリスク対策

おはようございますもうすぐ仝月です。夏休み〜感が深まるときは、じっくりしっかり足固めの仕事をしたいと思います。〜〜〜〜〜〜〜〜〜労働基準監督署の労働時間についての指導が続く毎日です。◇営業社員が外回りから帰社し残業が増える◇紙ベースでの申 …

先日「 思うほど、思われずとも、思うまで」の言葉を紹介され …

最近の研修で指導力強化の類が目立ちます。それだけ人少なく、すること多く、さらなる新たな強みづくりを競い合う時の反映か、指導的立場の人への育成力が問われているのでしょう。しかも、自らの数的実績を確保しながらのプレイングコーチャーとしてです。 …

労働災害防止、小売業・飲食店などを重点業種に

労働災害防止、小売業飲食店などを重点業種に労働政策審議会(厚労省の諮問機関の)の分科会は、平成29年までに労働災害による死亡者及び休業4日以上の死傷者数を、平成24年と比較して15%以上減少させることを目標とする「第12次労働災害防止計画案」をま …

改正労働契約法が平成25年4月に施行!

3つの改正点1.有期労働契約者の「雇止め法理(判例法理)」の法定化 最高裁判例で確立した雇止め法理が明文化されました。2.有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換 一定条件を満たした場合に、有期労働契約が無期労働契約に転換される仕組み …

週刊アエラに掲載!(サービス残業問題についての取材を受けま …

先般、週刊アエラの記者からサービス残業問題についての取材を受け、その記事が11日に発売された今週号に掲載されております。但し誠に残念ながら匿名扱いとなりました。取材を受けて1時間半にわたり数多く話した中で、たまたま記事として取り上げられ …

社長!企業への残業代請求が急増していますけど、対策は出来て …

請求増加の火付け役は、競争が激化する弁護士業界平成22年4月1日施行の改正労働基準法によって月60時間を超える時間外労働分について割増率が引き上げられることもあり、昨今、労働者の残業代に対する知識や関心は確実に高まっています。ここに目をつけ、 …

人事評価制度での評価時の留意点

人事評価制度での評価時の留意点について(評価者訓練の進め方)人事評価制度を策定したからと言って、それでそのままきちんと運用ができるわけではありません。人材育成や様々な付加価値実現に向けて、いかに効果的に運用できるかどうかは、運用前の様々な …

パート労働法が改正されました

2007年5月、パート労働者の処遇改善を図る改正パート労働法が、参議院本会議で可決、成立しました。改正の主旨はパート社員の待遇改善です。具体的には「労働条件明示の義務化」「均衡処遇の確保促進の明記」「正社員への転換推進措置の義務化」などが定め …

  • 1
圧倒的な集客力で集客を支援する比較ビズ

会員メニュー

おすすめコンテンツ

▲ページTOP